03-5570-8711

赤坂見附駅より徒歩3分

平日夜8時迄診療(受付終了は診療終了の20分前)

耳鳴り・突発性難聴

耳鳴り・突発性難聴について

耳鳴りの症状に困ってらっしゃる方は一度ご相談ください。急に耳が聞こえなくなったような場合には、早めにご受診ください。

耳鳴り

耳鳴り(耳鳴症)とは、周囲に音源が無いのに音が鳴っているように感じられる症状のことを言います。耳鳴りを訴える方は、何らかの聴力障害を持っていることが多いのですが、検査上は正常でも、耳鳴りを訴えるケースがあります。
聴覚系の異常が、外耳、中耳、内耳、聴神経、中枢神経のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。また、過労やストレスなどによっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

難聴

難聴とは聴覚が低下した状態のことで、伝音難聴、感音難聴、および突発性難聴などがあります。
※伝音難聴と感音難聴の両方を併せ持つケースがあり、混合性難聴と呼ばれます。

伝音難聴

外耳または中耳の異常により生じた難聴のことです。「大きい音でないと聞こえづらくなる」というのが特徴です。中耳炎などが原因で起こるケースと、耳小骨(中耳にあり、外部から鼓膜に伝わった振動(音)を内耳に伝える働きをしている骨)の奇形など、先天的な原因で起こるケースがあります。治療により治る可能性の高いタイプの難聴です。

感音難聴

内耳、または聴神経の異常によって生じる難聴です。感音難聴の原因はいろいろですが、大きく分けると、先天的な原因と後天的な原因があります。
先天的な原因による難聴(先天性難聴)は、出生した時に難聴が生じています。主な原因は、遺伝性、または胎児期における発達異常です。
一方、出生後に発症する難聴(後天性難聴)には、加齢、外傷、強大な騒音、髄膜炎、聴神経にできた腫瘍など、様々な原因が知られています。

突発性難聴

ある時、突然に耳が聞こえなくなる疾患です(通常は片側)。突発性難聴の原因はまだよくわかっておらず、急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。早く治療を開始すれば聴力が回復する可能性が高いので、とにかく早期に治療することが大切です。

9月
31
診 療
01
診 療
02
診 療
03
診 療
04
診 療
05
休 診
06
休 診
07
診 療
08
診 療
09
診 療
10
診 療
11
診 療
12
休 診
13
休 診
14
診 療
15
診 療
16
診 療
17
診 療
18
診 療
19
休 診
20
休 診
21
祝日
22
祝日
23
診 療
24
診 療
25
診 療
26
休 診
27
休 診
28
診 療
29
診 療
30
診 療
01
診 療
02
診 療
03
休 診
04
休 診

休診

耳鳴り・突発性難聴

診療科目
耳鼻咽喉科・アレルギー科
住所
〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-1 JFBビル2F
最寄駅
赤坂見附駅徒歩3分
TEL
03-5570-8711
診療時間 日・祝
12:00~15:00
16:00~19:00

休診日:土曜・日曜・祝日

受付終了は診療終了の20分前です。