03-5570-8711

赤坂見附駅より徒歩3分

平日夜8時迄診療(受付終了は診療終了の20分前)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸が一定回数生じる状態です。睡眠時無呼吸症候群を放置すると、交通事故や高血圧、糖尿病、心疾患、脳卒中、突然死などのリスクが上昇します。朝の目覚めがすっきりしない、いびきが大きい、日中の眠気、集中力の欠如などの症状がある場合はその存在が疑われます。御心配な方は一度検査を受けられることをお勧めします。当院では貸し出し式の簡易ポリソムノグラフィ検査を導入しています。入院の必要はありませんので仕事を休まずに検査を受けることができます。機器を一晩お貸し、ご自宅で機器を装着しデータを記録していただきます。機器のご返却時にデータを解析し診断いたします。

検査自体の費用は保険の3割負担で約2,200円です。臨床症状から明らかに睡眠時無呼吸症候群と判断されるにもかかわらず簡易検査で境界領域と判定された場合、精密検査をご紹介します。大部分の睡眠専門クリニックでは精密検査は1泊入院する必要がありますが、当院では貸し出し式の精密ポリソムノグラフィを導入しておりますので入院不要で仕事を休まずに検査を行なうことができます。料金も入院して行うよりも在宅検査の方が3割負担の方で約48,000円自己負担金が少なく済むというメリットがあります。在宅精密検査の費用は3割負担の方で約13,000円です。

睡眠時無呼吸症候群について

CPAP療法について

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、患者様とご相談の上CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)のご紹介しています。

CPAP療法とは、鼻に装着したマスクから加圧した空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除いて無呼吸を防ぐ治療法です。ほとんどの患者さまは、この治療を行ったその日からいびきをかかなくなり、朝もすっきりと目覚め、昼間の眠気も軽くなります。今やSASの最も重要な治療法として、欧米や日本で広く普及しています。簡易検査、または精密検査で睡眠時無呼吸症候群と確定診断された場合、保険適用でCPAP治療が受けられます。鼻詰まりがあるとCPAP治療の導入に支障をきたすため必要に応じて下鼻甲介下粘膜凝固治療により鼻閉を改善させる治療を先行させることがあります。また、睡眠時無呼吸やいびきの原因が明らかに扁桃肥大と判断される場合は高周波ラジオ波による扁桃凝固術をお勧めしています。扁桃内部の凝固により扁桃腺が委縮するため気道を広げる効果があります。入院不要で日帰り手術として行えますので、仕事を休む必要はありません。

睡眠時無呼吸症候群の貸し出し式簡易検査の流れ

  • 受診時に機器の装着方法を医師が説明いたします。
  • 検査機器を1泊お貸ししますので、夜就眠前に機器を装着しておやすみいただき、翌朝機械をはずします。
  • クリニックに機械をご持参いただき、その場でデータ解析をします。
睡眠時無呼吸症候群の貸し出し式簡易検査の流れ

睡眠時無呼吸症候群の貸し出し式在宅精密検査の流れ

  • 受診時に検査の概略を医師が説明いたします。
  • 検査機器を宅配便でご自宅に送付いたします。夜就眠前に機器を装着しておやすみいただき、翌朝機械をはずします。
  • 宅配便で着払いで機器を返却していただきます。
  • 約2週間後に当院に検査結果が到着しますので、その頃受診をしていただき結果をご説明します。
睡眠時無呼吸症候群の貸し出し式在宅精密検査の流れ
11月
28
診 療
29
診 療
30
診 療
31
診 療
01
診 療
02
休 診
03
祝日
04
祝日
05
診 療
06
診 療
07
診 療
08
診 療
09
休 診
10
休 診
11
診 療
12
診 療
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
休 診
17
休 診
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
祝日
24
休 診
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
休 診
01
休 診

休診

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

診療科目
耳鼻咽喉科・アレルギー科
住所
〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-1 JFBビル2F
最寄駅
赤坂見附駅徒歩3分
TEL
03-5570-8711
診療時間 日・祝
11:30~15:00
17:00~20:00

休診日:土曜・日曜・祝日

受付終了は診療終了の20分前です。