03-5570-8711

赤坂見附駅より徒歩3分

平日夜8時迄診療(受付終了は診療終了の20分前)

補聴器の装用

補聴器の装用について

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。例えば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉の聞き間違いが起こりやすくなってきます。
こうした年齢による聴力の低下は、年を重ねるごとに少しずつ進んでいきますので、耳が遠くなったように感じられたら早めに専門家による評価を受け、必要ならば適切な補聴器を装用することが大切です。
また聴力の低下のなかには、何らかの疾患が原因となっており、その治療により回復が見込めるケースがあります。しかし、治療を行っても回復が見込めず、難聴による不便が生じたなら、補聴器の装用を検討します。

補聴器のいろいろ

補聴器と一口に言っても、いろいろな種類があります。見た目の形も違えば、価格によっても、搭載されている機能によっても違いが出てきます。また、信号処理の方法によって、アナログ補聴器とデジタル補聴器に大きく分けることもできます。
補聴器にはいろいろな種類、タイプがありますが、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶようにしましょう。
なお、補聴器を装着しさえすれば、以前と全く同じような聞こえに戻れるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。しかし、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、日々の生活における様々な不便が軽減され、より快適な暮らしが実現することでしょう。

補聴器は医療機器

補聴器は主に生活の場で使われますが、あくまでも医療機器ですから、自分に最も適した補聴器を選ぶために、補聴器相談医の診断に基づいて「調整(フィッティング)」をしてもらうことが肝心です。また、補聴器購入費用の所得税控除を受けるためには補聴器相談医から販売店への紹介状が必要となります。

補聴器のご相談

当院では、補聴器についてのご相談をお受けいたします。
診察を受けていただき、難聴に関する診断を行った後、補聴器の作製・調整を行うことで、より快適に補聴器をご利用いただけるようになります。また、購入後の調整など、アフターケアについても責任をもって対応して参ります。
日常生活での補聴器のご使用をご検討の方、現在お持ちの補聴器が合わない方などは、お気軽にご相談ください。より快適な「聞こえ」をサポートいたします。

11月
28
診 療
29
診 療
30
診 療
31
診 療
01
診 療
02
休 診
03
祝日
04
祝日
05
診 療
06
診 療
07
診 療
08
診 療
09
休 診
10
休 診
11
診 療
12
診 療
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
休 診
17
休 診
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
祝日
24
休 診
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
休 診
01
休 診

休診

補聴器の装用

診療科目
耳鼻咽喉科・アレルギー科
住所
〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-1 JFBビル2F
最寄駅
赤坂見附駅徒歩3分
TEL
03-5570-8711
診療時間 日・祝
11:30~15:00
17:00~20:00

休診日:土曜・日曜・祝日

受付終了は診療終了の20分前です。